いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。※核心的なネタバレは極力避けてはいますが、苦手な方は予めご注意ください

京都はんなりカフェ巡り

 

京都はんなりカフェ巡り (メゾン文庫)

京都はんなりカフェ巡り (メゾン文庫)

 

2018/11/11読了。

実在する京都のカフェが登場し、主役2人が食べるスイーツやお茶が本当に美味しそうで、読みながら自分も京都のカフェ巡りをしている気になりました。

 

SNS上でしか知らない相手を探し出す為に、高校卒業後に家出同然で京都にやってきた主人公の少女。

手がかりは京都在住でカフェ巡りが趣味だということだけ。

無茶無謀だった人探しだったが、最初に訪れたカフェで出会った男性が手伝いを願い出てくれて……

 

この男性が誰なのかは自ずと分かると思うのですが(無論、その後正体がバレて大ごとになる)それまでは、人探しが二の次に感じられるほどカフェ巡りを堪能しているし、主人公の少女のトラウマに触れる場面で彼がかっこよく助けてくれたりと、ほんのりとした恋模様も楽しめてときめきました。

 

問題は予測可能回避不可能な、彼の身バレ以降の話。

想像はできていましたけど、予想以上に彼女がショックを受けて、しかも肉親が迎えに来たタイミングということもあって、最悪な状況に。

高校卒業したての未成年、しかも彼女は幼い頃から病弱で満足な人間関係を築けていなかったせいもあり、こういう時に感情をどうコントロールしていいのか分からずに持て余してしまう。

そこからの彼の行動も凄まじいものがありました。

まさか彼女とは逆に、彼女の元へ単身乗り込むとは。

果たして、彼女と彼の仲は修復できるのか。

それは読んでみてのお楽しみ。

個人的には、まさか最後の最後にそこまで展開が吹っ飛ぶとは思いませんでしたが。

展開早い。

 

自分も人間関係は全然豊かではないので、ネット上の関係とはいえ、自分を受け入れてくれた相手に縋りたくなる気持ちは分かる気がします。

そして、ネット上だから築けた関係性を裏切りたくないというあるキャラの気持ちにも共感できました。

こういう場合、どうするのが一番なんでしょうね。

色々考えさせられる作品でした。