いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。※核心的なネタバレは極力避けてはいますが、苦手な方は予めご注意ください

レジまでの推理:本屋さんの名探偵

 

レジまでの推理: 本屋さんの名探偵 (光文社文庫)

レジまでの推理: 本屋さんの名探偵 (光文社文庫)

 

2018/09/10読了。
以前から気になっていた作品だったので、文庫化嬉しかったです。

 

一癖も二癖もある書店員さんたちによる書店ミステリ。
最初は割と平和的な謎解きだったんですが、段々と悪質さがエスカレートした気がします。
普通に逮捕者出る始末ですし。
読む前は、書店あるあるな問題を解決する系だと思っていたので、これにはいい意味で騙されました。
世の中、色々と物騒である。

 

これまでの話でキャラクターを把握してからの最終話は、特に見物でした。
がらりと変わった雰囲気。
いつも以上にやる気を失った店長さん。
これまでの一連の話全てを伏線にしての壮大な(?)叙述トリック
映像化は無理ですね、これは。
しかも、事件として一番派手であり、時間差なども絡んでミステリとしても謎解きも歯応えがあるという。

 

ミステリとして面白いというのもありますが、通常パートは割とコメディなノリで別の意味でも楽しめました。
ユニークなのは、小説ながら脚注があるという点。
書店や小説稼業に関することに関しての解説なのですが、大体はおふざけな解説という。
真面目な解説もあるにはあるのですが、鵜呑みにできないものも多数。
くすっと笑える箸休めにはぴったりな感じでした。

 

実在の作品も登場して謎解きに関わってくるのも、本好き、書店好きには嬉しい仕様。
書店員さんの仕事を眺めながら、コメディもミステリも楽しめる、いいエンターテインメントでした。