いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。※核心的なネタバレは極力避けてはいますが、苦手な方は予めご注意ください

霊能探偵・初ノ宮行幸の事件簿2

 

2018/08/09読了。
前回ラストで不吉な雰囲気を残していたのに、結局普段の行幸と美雨だったので、妙に肩の力が抜けた2巻。
ただ前回はほぼ全て美雨視点だったのに対し、今回はほぼ第三者視点からの話なので、物語により広がりが持てた感じがします。
しかも、今後行幸たちの「本当の敵」になりそうな存在も見えてきました。
何だかまだまだ終わりそうにない気配だ。
(てっきり2冊連続刊行だから、これで終わるのかと思ってた)

 

最初の宝石の話はミステリとしての謎解きが面白かったですし、扉を叩く幽霊が出てくるのはホラー的な要素とオチがまたよし。
行幸の妹の由良が幽霊に告白される(!)話は何だかんだで泣ける展開でしたし。
でも、やはり今回も最後の話が一番インパクトが強かったことは間違いないです。
前作から引っ張っていた顔を剥ぐ殺人事件に隠された謎に、由良に迫る危機。
そして目覚める美雨の力とは。
振り回されているばかりのミウッチの成長ぶりにもぜひご注目。

 

それにしても、ミウッチをからかう時の行幸は本当に楽しそうなのに、彼は今後彼女をどうしていきたいのか。
口ではあんなことを言いつつ、彼も悩んでいる部分があるのかもしれません。
楽しく読めるけれど、背景に漂うきな臭さは「日暮旅人」シリーズにも通じるところがあります。
こちらも同じようにハッピーエンドで終わってくれと切に願います。
今のところは、どうなればいいのか、皆目見当はつきませんが。