いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。※核心的なネタバレは極力避けてはいますが、苦手な方は予めご注意ください

探偵AIのリアル・ディープラーニング

 

探偵AIのリアル・ディープラーニング (新潮文庫nex)

探偵AIのリアル・ディープラーニング (新潮文庫nex)

 

 2018/07/14読了。

Twitterでの評判がよかったので読んでみました。

「強い」AIが殺人事件を解決って、どんなライトノベルと思いきや……人工知能科学要素も絡めて新しいタイプのミステリになっていたと思います。

特に動機というか、何故「それ」を用いての殺人事件だったのか、その辺りにフレーム問題などを絡めたところがユニーク。

殺人トリックなどは普通にミステリで通る内容でしたので、キャラものとして読みつつも、しっかり謎解きも味わえる不思議な作品でした。

言葉遊びも絡みますし、よくあんなの考え付けるなあ。

 

特にラストの話はひっくり返されるところが驚きもあり、爽快でもあり、読んでいて一番興奮して楽しめた部分でした。

詳しくはネタバレが激しいので割愛しますが……そうくるかよと舌を巻きました。

この驚きと興奮は是非本編にて。

 

どうでもいい話ですが。

殺人犯のAIが拉致された(この表現があっているのか悩ましいけれども)その組織名が「オクタコア」というのですが、最後まで「オタクコア」に読み間違えて非常に苦労しました。

途中まで真剣に「オタクコア」だと思ってましたし。

(だってメンバーが逐一オタクっぽい)

もしかして狙ってないかとは思ったのですが……どうなんでしょう、その辺り。