いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。※核心的なネタバレは極力避けてはいますが、苦手な方は予めご注意ください

弁当屋さんのおもてなし ほっこり肉じゃがと母の味

 

 

2018/05/30読了。

(何故か読んだ方の書籍版のリンクが貼れなかったので、電子書籍版のリンクになっております)
2作目で主人公とヒーローが無事に引っ付いたので、そこで終わるのかと思いきやの更なる続編。
本当に嬉しい悲鳴を上げました。
ありがとうございます、ありがとうございます。

 

北海道にある手作りお弁当屋さんを舞台にした物語の第3弾。
相変わらず難題なお弁当を依頼されますが、流石ヒーロー、楽しみながら作っていきます。
しかも、どのお弁当も美味しそう!
個人的には、色々なお米を楽しめる、ある姉弟のために作ったお弁当が気になりました。

 

折角くっついた主役2人なんですが、こと恋愛方面に関してはあまり進展していないようで、サブキャラクターが気を回すほど。
ただヤキモチを妬いたり、表情が出やすくなったりと、ヒーロー側には変化が見られた気がします。
こんなに表情豊かだったかしら。
いつもにこやかな彼が焦ったり照れたりと、色々な彼が見られて楽しかったです。

しかもさらっと母親への紹介済ませちゃいましたしね。

そこはさっさと先に進めちゃうのねという。

 

ただ今回も彼の過去の掘り下げ話はなかったですね。
過去に何があったのか、詳細がずっと気になっているので、更にシリーズが続くのであれば、過去絡みの話も読んでみたいです。