いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。※核心的なネタバレは極力避けてはいますが、苦手な方は予めご注意ください

2018年4月の読了本一覧

2018年4月の読了本一覧です。

よろしければ、続きからどうぞ。

 

【2018年4月の読了本一覧】

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました2 (角川ビーンズ文庫)

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました2 (角川ビーンズ文庫)

 

 2018/04/02読了。

まさかヒロインも前世記憶持ちだったとは。

そこからの頭脳戦、次作のラスボスも手中に収めての勝利、爽快でした。

 

滅亡から読みとく日本史 (KAWADE夢文庫)

滅亡から読みとく日本史 (KAWADE夢文庫)

 

 2018/04/09読了。

詳細は該当記事にて。

滅亡から読みとく日本史 - いこの読了本備忘録。

 

 2018/04/11読了。

詳細は該当記事にて。

幸せを呼ぶ物語、つづります。:水沢文具店 - いこの読了本備忘録。

 

さくら花店: 毒物図鑑 (小学館文庫 み 7-1 キャラブン!)

さくら花店: 毒物図鑑 (小学館文庫 み 7-1 キャラブン!)

 

 2018/04/13読了。

詳細は該当記事にて。

さくら花店 毒物図鑑 - いこの読了本備忘録。

 

浅草和裁工房 花色衣: 着物の問題承ります (小学館文庫 え 10-1 キャラブン!)
 

 2018/04/16読了。

浅草和裁工房 花色衣:着物の問題承ります - いこの読了本備忘録。

 

続・京都烏丸御池のお祓い本舗 (双葉文庫)

続・京都烏丸御池のお祓い本舗 (双葉文庫)

 

 2018/04/18読了。

一応これで終わりとのことで、さっさと大人2人は恋仲となり、メインの話は残された少年という……何と言うか、誰を主役(主軸)で読めばいいのという感じでした。

他の望月さん作品からのゲストは純粋に嬉しかったですし楽しめましたが、全体的には他作品に比べよく言えばジュブナイル、悪く言えば幼稚さが散見されて、個人的にはあまり満足のいく話ではありませんでした。

良くも悪くもエブリスタスタイル。

 

完璧主義男に迫られています (富士見L文庫)

完璧主義男に迫られています (富士見L文庫)

 

 2018/04/21読了。

「なろう」でありそうな完璧主義男に私生活がズボラなOLが迫られる話。

元彼騒動、実妹騒動と王道を行きつつ楽しめる作品。

びっくりするほど完璧主義で堅物な彼がどんどん人間味を増してくるところもよかったです。

 

憧れの作家は人間じゃありませんでした3 (角川文庫)

憧れの作家は人間じゃありませんでした3 (角川文庫)

 

 2018/04/24読了。

3作目、純粋に嬉しかったです。

しかも過去の事件との因縁、そして先生が抱え続けている恋人との因縁に決着をつける話。

まあ後者に関しては考え方を多少改めるという話なんですが。

暴走している先生を編集のヒロインが体を張って止めるシーンは胸熱であり、吸血シーンは赤面ものであり。

今後、この2人の関係性がまた変わっていくのかななんて妄想も広がります。

 

西陣あんてぃく着物取引帖 (富士見L文庫)

西陣あんてぃく着物取引帖 (富士見L文庫)

 

 2018/04/26読了。

ある着物を巡って薬剤師の女性と外国人の男性とが調査しつつ彼女に着物を着せようと画策する話。

恋愛話に発展するかなと期待していたら(実際にフラグは立ってた)最後まで結局着物の謎、血縁の謎の方に行ってしまったので、個人的には「え?」とはなりました。

終わりもすっきりするような、しないような、尻切れトンボ感、中途半端感が否めず……エピローグ的なエピソードが欲しかった気がします。

 

明治あやかし新聞 三 怠惰な記者の裏稼業 (メディアワークス文庫)

明治あやかし新聞 三 怠惰な記者の裏稼業 (メディアワークス文庫)

 

 2018/04/29読了。

嬉しい嬉しい3作目。

艶煙さんの過去話、過去との決着をつける話がメインなのですが、その最中でも例の2人は相変わらずいちゃこらしていて大変悶えました、ありがとうございます。

クライマックスシーンの名前呼びとかもう最高に少女漫画でしたし、たまらない!

艶煙さんの重い過去にいい形で決着がついて本当によかったと思います。

 

以上、全10冊となりました。

ただ4月はあまり個別に書けなかったのが悔しいです。

5月は頑張りたい(予定は未定)