いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。※核心的なネタバレは極力避けてはいますが、苦手な方は予めご注意ください

契約結婚ってありですか 利害一致から始まる恋?

 

契約結婚ってありですか 利害一致から始まる恋? (富士見L文庫)

契約結婚ってありですか 利害一致から始まる恋? (富士見L文庫)

 

 

2018/03/20読了。

「なろう」で見かけそうな雰囲気の話ですが、個人的には大変好みな話でした。

 

実家に連れ戻されないように勢いで初対面の、しかも結婚相談所の職員さんと結婚してしまう主人公の女性。

勢いでしちゃう方もしちゃう方だし、それを承諾してしまう方も方である。

しかも互いに色々抱えているという。

寧ろ旦那の方が嫁より抱えているものがややこしかった。

その割に中盤で嫁より先に解決しちゃう展開にはびっくりしました。

てっきり最後の最後までひっぱるのかと。

 

性格も価値観も違う2人が恋愛するより先に結婚しての同居生活。

最初はルームシェアより他人行儀だった2人が、じわりじわりと心を寄せて行く展開に、何ともニヤニヤさせていただきました。

現実的にはあり得ない恋愛だからこそ、こんな始まりの恋もいいなあと惹かれました。

しかも、互いの本音を互いの口からではなく他人経由で聞くという、この回りくどさ、このもどかしさ。

堪らないじゃないですか。

 

結局、こんな2人は何とか恋にまで漕ぎ着けますが、直接「好き」と伝えられないまま、手を繋いだだけで終わっちゃって、個人的には「もう一声!」って思ってしまいました。

てっきり、表紙イラストのように契約ではなく、ちゃんとした結婚(式)を挙げて終わるのかと思っていただけに(本編でもラストで結婚式の話が持ち上がったし)何だかお預け食らった気分。

これは是非短編でもいいから、後日談が欲しいなと思いました。

欲を言えば続編……出ないかなあ、と夢見ています。