いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。※核心的なネタバレは極力避けてはいますが、苦手な方は予めご注意ください

パティスリー幸福堂書店はじめました

 

パティスリー幸福堂書店はじめました (双葉文庫)

パティスリー幸福堂書店はじめました (双葉文庫)

 

 

2018/2/3読了。

昔お世話になっていた個人書店が一つまた一つと消えていくのを見てきて辛いと感じている中、こうして生き残りを賭けて個人書店のリニューアル、ケーキも本も楽しめるお店というのは地獄で救いの糸を見つけた気分でした。
是非とも頑張って欲しいなと思ってしまうのは肩入れしすぎか。

 

書店の経営がうまくいかない主人公の女性と、味はいいのに接客に不向きな態度にいちごのショートケーキが作れないという致命的な欠点をもつパティシエ(と彼を支える謎多き「兄さん」)
訳ありたちが集まっての心機一転、果たして書店+ケーキ屋の経営はうまくいくのか。

 

来るお客さんがなかなかに複雑な問題を抱えていて、かつ総じて変わり者というか一方向に突き抜けている感じで非常に驚かされました。
個性が強いというか癖が強いというか。
こんな人たちがいるだなんて、世間は案外狭い。
取り敢えず、姑さんには一番腹が立ちました。
食べ物を粗末にする息子馬鹿な姑さんにはいつか天罰が下らんかなと切に願うほど。

 

主人公たちも問題を抱えてはいましたが(特にパティシエさんは致命的)そこを素敵な提案で乗り越えていけたところはよかったです。
まさか作中で改善されるとは思わなかったので。
今後は名物になっていって欲しいな、いちごのショートケーキ。

 

何より一番の謎だったのは年下の筈なのに「兄さん」という彼の存在。
改装代をぽんっと出せるところ、芸達者なところ、何者だよと思っていたところに最後の最後で暴露。
伏線はあった筈なのに気付けず歯噛みする羽目になりました。
そういうことかよという。
まあ全部が全部分かった訳ではないのですが(例えばパティシエさんとの出会いの詳細など)最後にすっきりできてよかったです。

 

とにかく、前述したとは思いますが、この店舗が無事に続いていくことを願うばかりです。
今も頑張っている個人書店さんのためにも。
自分も頑張って本買いに行くぞ!
近所の個人書店は全滅したけれども。