いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。※核心的なネタバレは極力避けてはいますが、苦手な方は予めご注意ください

かぜまち美術館の謎便り

 

かぜまち美術館の謎便り (新潮文庫nex)

かぜまち美術館の謎便り (新潮文庫nex)

 

 

2017/12/25読了。

 

ある町に越してきた美術館の学芸員なパパと保育園児の女の子を中心として、この町で起きたトラブルを解決しつつ、ずっと町が抱えてきた重大な謎にも迫っていくというミステリ。
しかも謎解きは実在の有名な絵の解釈が用いられるので、美術好きにはたまらない仕様ではないでしょうか。
本自体にその絵の実物は掲載されていないので、是非検索などして実物の画像を見ながら読んだ方がいいかと思います。
(ただ個人的には好きな時代の絵じゃないんだよな、という野暮な感想は脇に置いておく)

 

個人的にはちょっと好きじゃない文章、雰囲気だったんですけど(どこがどうと言われると表現できないので説明しきらないけれど、序盤は特に挫折しそうになった)それ以上に深まっていく謎の方が気になって、ついつい読んでしまうという、自分としては何とも不思議な作品でした。

 

行方不明になった配達人の正体は。
本作の恐らく大人側のヒロインであろう先生の兄の死に関する謎。
そして、引っ越してきたパパの正体は、果たして。

 

基本的には一話完結の連作短編作りですが、一貫してある謎を引っ張るので、それの結末が気になって気になって仕方ないという。
しかも、小出しで解決していくものだから、引っ張り方が絶妙。
そして明かされる謎……クライマックスは非常にきな臭い話になっていきます。
表紙の絵から感じる印象とはかなりかけ離れた展開になります。
いやもうオチにびっくりです。

 

それに地味に気になるのは不在の「ママ」の謎。
保育園の先生の恋心とも絡んでくる話なので、こちらも気になっていたのですが……こちらのオチにもびっくりさせられます。
何というか、うん、ビターな感じです。

 

前述しましたが、表紙の絵に惹かれて読むと、途中からそのギャップに驚くかと思います。
油断せずに読んでいただきたいです。
途中からホラーじみてきますから。