いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。※核心的なネタバレは極力避けてはいますが、苦手な方は予めご注意ください

「神社」で読み解く日本史の謎

 

「神社」で読み解く日本史の謎 (PHP文庫)

「神社」で読み解く日本史の謎 (PHP文庫)

 

 

2017/10/16読了。

伊勢神宮厳島神社出雲大社靖国神社などの有名どころの神社に纏わる歴史のあれこれを全20章+コラム(簡単な紹介)13章に渡って紹介した1冊。

自分も訪れたことのある神社で、実は昔こんな歴史的事件が起きたとか、危機的状況に陥ったとかが分かるのがいいですね。

実際にその神社に訪れる前に、こういう背景や歴史を知っていくと、より神社に親しみが持てると思います。

 

コラムの方は、最初の2つがいきなり新選組絡みで個人的には嬉しかったです。

ただコラムの話は本当に簡易的な紹介なので、コラムのタイトルの内容がきちんと示されているかと言えば、そうでもなかったりします。

いや、書かれてはいるんですが、いざ読み終わった後に改めてタイトルを見ると、自分の中でそのタイトルが示した疑問に対する答えが出てこないという。

そこがちょっと難点かなという気はしました。

 

個人的には宇佐八幡宮の神託事件と、白峯神社と崇徳天皇に関する話が印象深かったです。

前者は男女の愛憎が絡んだ話、後者は御霊信仰に関わる話ですね。

我ながら悪趣味な選択な気がしないでもない。

どちらもまだ行ったことがないので、この話を知った上で実際に行ってみたらどう感じるのか、今から楽しみだったりします。