いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

逆転裁判 時間旅行者の逆転

 

逆転裁判 時間旅行者の逆転 (ハヤカワ文庫JA)

逆転裁判 時間旅行者の逆転 (ハヤカワ文庫JA)

 

 

逆転裁判」シリーズ15周年記念のノベライズとのことですが、ゲーム内容のノベライズではなく完全オリジナルストーリー。

前半はなるほど君の時代から15年前を舞台に御剣検事の父、信さんが弁護士として狩魔検事とある殺人事件を巡り法廷バトルを繰り広げます。

後半はなるほど君と御剣検事が、15年前の殺人事件にも繋がる現在での殺人事件に挑みます。

信さんが出てくる辺り、逆転裁判ファン泣かせな気がします。

お馴染みのまよいちゃん、矢張、冥ちゃん(子供時代)に糸鋸刑事などのサブキャラも登場しています。

 

どちらの事件も「タイムマシン」及び「コールドスリープ」という未来の技術が絡んできます。

この2つの技術は「実現可能か」「存在を認めるか」これをどう判断するかが事件解決に大きく影響してきます。

逆転裁判だからいいものの、普通のミステリでは禁じ手かなと思わないでもないです。

現実ではあり得ませんから。

 

無論、なるほど君たちも「そういう技術はあり得ない」路線で事件解決を図るのですが……そう簡単に問屋は卸さない。

なかなか複雑な内容となっていますので、読み応えはあります。

 

が、読み応えがあるのと内容に納得できるかは別問題でして。

ネタバレを承知で言ってしまいますが、この話、最後まで読んでもすっきり解決はしません。

逆転裁判なのに、判決が出ません。

真犯人を最後まで問い詰めることができないので、事件の全容も想像の域を出ないという。

 

逆転裁判の魅力は(特に初期シリーズは)真犯人を法廷で倒して無罪判決を勝ち取る爽快さにあると思うのですが、このノベライズではその爽快さを求めることができません。

もし回収されなかった伏線があったとしても、後々の話で回収されますから、全クリする頃にはすっきりする筈です。

しかし、このノベライズは、後程の話(例えばノベライズ2冊目などの手段)で回収することすら諸々の事情で無理という(流石にこの詳細を書き記すのはネタバレが酷くなるので伏せ)

 

何より本家でもそこまでぶっ飛んだオチ(限りなくSF寄りなオチ)にはしなかっただろうという展開も出てきます。

純粋な逆転裁判ファンになればなるほど「異議あり!」と言いたくなるかと。

キャラクター設定がぶっ飛んでいても、オカルトや現実ではあり得ない凄い機械が出てきたとしても、それは情報を集める上での手段に留まっていて、ミステリとしての謎解き部分は現実的なのが本家なんですが、このノベライズは以下略。

とにかくラストになればなるほど違和感が出てきます。

 

法廷でのバトルは本家さながらで面白かったのですが(特に前半の信さんと狩魔検事の話は最高に面白い)結末がなあ……「待った!」と言いたい。

逆転裁判ファンの方は、上記の点を念頭に置いて読んでください。