いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

ヴァチカン図書館の裏蔵書

 

ヴァチカン図書館の裏蔵書 (新潮文庫nex)

ヴァチカン図書館の裏蔵書 (新潮文庫nex)

 

 

2017/09/11読了。

イタリアのヴァチカンに留学している主人公(大叔父が枢機卿)が若き神父と共にヴァチカン秘密記録保管所で資料探しに明け暮れる中、魔女狩りを思わせる連続殺人事件が発生。

昔実在した異端者集団も絡んで、その事件に知らず知らずに巻き込まれてしまう主人公は果たして。

 

作中に出てくるこの異端者集団、フィクションかと思いきや、実在していた(らしい)集団で驚いてしまいました。

そういった歴史的背景をしっかり踏まえているからでしょうか、思っていたより読み応えがありました。

 

魔女狩り的な猟奇的殺人の犯人は誰なのか。

主人公が無自覚で勘が鋭いのに(理由は最後で何となく把握できます)それを自分では解釈できない残念仕様。

だから、気付かぬうちに読者側に色々ヒントを振りまいていたのが(要は伏線を張ってくれていた)後々に分かった時には鳥肌が立ちました。

解釈役の神父さんがいて良かったですよ。

結局は後手に回りはしますが。

中盤は誰が味方で誰が敵なのかも分からなくなってくる感じなのも、ゾクゾクできて良かったですし。

大叔父さんが特に怪しかったですから。

最終的にはただの大叔父馬鹿だったので一安心しましたが。

甥のために現場まで来ちゃいますからね。

 

歴史を絡めたミステリとしても犯人探しも楽しい作品でした。

主人公の前述以外の能力は今回の事件の根幹に関わるものですが(故にこれは詳しくは書かない)今後も使えそうなので、続きも期待したいところ。

楽しみに待とうと思います。