いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。※ネタバレにはあまり配慮できてませんのでご注意を

カスミとオボロ 春宵に鬼は妖しく微笑む

 

カスミとオボロ 春宵に鬼は妖しく微笑む (集英社オレンジ文庫)

カスミとオボロ 春宵に鬼は妖しく微笑む (集英社オレンジ文庫)

 

 

2017/08/08読了。

悪路王を「朧」という名前で縛って使役してしまった伯爵令嬢の香澄(鈴鹿御前の生まれ変わりと言われてる)が遭遇する大正時代を舞台としたあやかし物語。

シリーズ2作目はチャリネ=サーカスで出会った不思議な人物に関わるお話と、香澄の婚約者に関するお話の2本立て。

どちらも「恋」がテーマになります。

 

が、香澄はまだ恋を知りませんから(婚約者の話もあるのに)恋の当事者にはなりません。

周囲のコイバナに、自分は果たしてそんな恋ができるのか、できない気がすると悶々としている感じでした。

朧の方はそういう意味では香澄一筋なんで一貫してるんですけど。

 

前作は割とコミカルなシーンも多かった気もしましたが、今回はテーマがテーマだけに、あまりコメディ部分はなかったように思います。

新キャラクターの「花月」が芝居掛かった言動はしますし、最後の最後で朧と言い争っていた場面はコミカルだった気はしますが、まあそれはさておき。

 

この新キャラクターの「花月」がいいキャラしてまして、朧とは恋愛方面で真逆を言ってるし、より長生きしていて、朧でもそうそう手が出せない相手とあって、この先もシリーズが続くなら、いいライバルキャラになってくれそうな気がします。

また是非朧と舌戦バトルして欲しいところ。

 

一方の朧は、これまた最後の最後で香澄に対するとんでもない計画を暴露しやがりまして驚かされました。

それまでは比較的今回は大人しかったから油断していたところに大胆暴露という。

(これ以前に人命救助という名目で香澄の唇を奪う大胆さはあったけど)

香澄、全力で逃げてと思わず叫びたくなるほど。

 

大正時代の令嬢ですから、自由恋愛は厳しい身の上ではありますが、果たして香澄は自分の望む恋を見つけられるのか。

先に朧が絡め取ってしまうのか。

この2人の恋模様がどうなっていくのか、先も見てみたいです。