いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

シャンプーと視線の先で〜夢解き美容師、葉所日陰〜

 

 

2017/07/10読了。

無口で不愛想、接客中も客と目を合わせない美容師さん。

そんな彼はシャンプー中に客の悩みが夢となって視える不思議な能力持ちだった。

見えた夢から客の悩みを読み解いてアドバイスをくれるが……

 

てっきり安楽椅子探偵タイプの日常ミステリだと思ったら、そこまでミステリ色は強くなかったかなと。

夢を感じ取れちゃう美容師さんも、彼の性格もあって、活動的に悩みを解決するというスタイルではなく、アドバイスをくれる程度。

そこから客自身が行動して、悩みが解決していく……そんな感じでした。

これは、ライトなミステリと言っていいのかどうなのか。

まあ、粗筋にもミステリという記載はなかったので、いいかもしれませんが。

 

一応ヒロインが(場合によっては主役ですが)いますが、基本的には毎回主役視点が切り替わるスタイル。

最終的には美容師さん自身の悩みというか過去が関わってきて、その解決にそのヒロインも手助けはします。

でも、何だろうなあ。

結局誰を主役に据えて読めばいいのか、個人的には少し分かり辛かった気がします。

というか、どのキャラも感情移入しにくい。

感情移入しようと頑張るけれど、移入できる前に次の話になって視点が別キャラに代わるから「え? え??」ってなっている間にその話が終わる……

まあただこんなおしゃれな美容院に通って自分磨きをしようとするタイプの人間(ヒロインがそれ)が個人的に苦手というのもあるかもしれませんが。

要はがっつり日常ミステリを期待して読んだらファンタジー寄りで、好きになれるタイプのキャラもいないから感情移入しづらく、自分にはちょっと合わない作品だったなと。

 

最後の美容師さん自身の話は興味深かったし、そこは楽しんで読めたんですけど。

いや、本当に最後の話は好きなんです。

ただこう全体的な雰囲気が合わないし、全く感情移入できないヒロインのせいで、どうしようもこうしようも。

申し訳ない。