いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。〜鎌倉の花は、秘密を抱く

 

筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。 ~鎌倉の花は、秘密を抱く (宝島社文庫)

筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。 ~鎌倉の花は、秘密を抱く (宝島社文庫)

 

 

2017/06/11読了。

シリーズ3巻発売、本当に楽しみにしていました!

今回はまたいつも以上に美麗な表紙。

カラーピンナップもついてます。

 

今回は、東雲くんの義妹な小雪ちゃんやヒロインの美咲の親友の曜子、書道部のチャラ男の松岡など、サブキャラクターに焦点を当てたサブキャラ掘り下げ話が多かったように思います。

特に松岡が抱えていた過去が重すぎてびっくりしました。

さり気に以前から伏線も張られていたようで。

ただの軽い男と思っていたら実は……という、これまでのイメージを覆す物語、哀しくも素敵なお話でした。

これは、是非読んで欲しい。

 

サブキャラクターに焦点を当てつつも、東雲くんもゆっくりながら成長しているような気がします。

特に最後の話は、まさか彼が自ら厄介ごとに首を突っ込むとは思いもせず。

しかも美咲ちゃんに頼るとか、初期の彼からは想像できない展開。

前回、美咲ちゃんが開き直って積極的に関わると言い出してから、彼の心境にも色々変化が出てきたように思います。

彼が抱えているものは、まだ全部が解決した訳ではないですけれども、事実自虐的な発言もなくなってはいませんが、それでも少しは前向きというか積極的になってきたこと、とても嬉しく感じました。

 

今回も脅迫、いじめ、認知症など、重いテーマを扱っていますし、哀しい話しもありますが、どの話も最後は希望の持てる明るい終わり方で安心できます。

最後にまた新たな謎も出てきて、気になる引きなのもにくい。

続きが気になるではありませんか。

続刊が今から楽しみであります。

 

しかも、今回は最後の最後に東雲くんの貴重な美咲ちゃんに対するデレが見られます。

美咲ちゃん本人には不発な形になっちゃいましたが、いや、それでも貴重なもの見させてもらいました。

とうとう、ここまできたか。

感慨深いです。