読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

贋作師と声なき依頼-京都寺町三条のホームズ(7)

 

贋作師と声なき依頼-京都寺町三条のホームズ(7) (双葉文庫)

贋作師と声なき依頼-京都寺町三条のホームズ(7) (双葉文庫)

 

 

2017/04/18読了。

今まで季節はゆったり流れていた印象ですが、今回はこの1冊で葵ちゃんの高校3年生の期間は一気に走り抜けていきます。

高校生編ラストになります。

しかし、まさかこんあ展開になるとは。

 

副題からお察しの円生とのラストバトル。

途中まではいつものとおりの短編スタイルだったんですけど、後半はがっつり彼との最終決戦話になります。

そして、そのせいで主役2人に別れの危機。

決して互いに気持ちが離れた訳ではないけれど、手段を選ばない円生とやり合うために、敢えて葵ちゃんとの別れを決意したホームズさん。

好きだから、大事だからこそ、安全な場所にいて欲しいと、自らの幸せは手放すホームズさん。

そんなホームズさんのことを分かっているからこそ、葵ちゃんも別れを否定できず……

前半がバカップル以外の何者でもない感じで進んでいただけに、後半との落差が激しくて戸惑いました。

甘々から切ない話になるとは思いもしませんでしたので。

 

そんな頑ななホームズさんを、そして円生すらも変えてしまったのは、この話で随分成長した葵ちゃんで、そのクライマックスシーンは必見の価値ありです。

当初は失恋を引きずる弱い少女でしたのに、よくぞここまで。

これまで丁寧に用意されていた伏線を綺麗に回収しつつの決着、本当に見ものです。

まさか、そんな昔から伏線用意されているとは思いもしなかったので、驚きました。

奥深いですな。

 

円生との対決を経て、より絆を深めた葵ちゃんとホームズさん。

関係性も変わった円生も加わり、これから先の展開は、今までとはまた違う雰囲気を味わえそうです。

ここからのシリーズ展開、期待しております。

 

そう言えば、葵ちゃんが18歳になったということもあって、今回は特に性的な話がよりオープンというか露骨になった気がしました。

決して年齢制限が入るような描写があった訳ではないですが。

昔より隠さなくなった感じを受けたので。

次からは葵ちゃんも大学生ですし、一線越える話とかも出てくるのでしょうか。

ちょっと期待してしまったり。。