読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

一華後宮料理帖 第二品

小説(作家名ま行)

 

一華後宮料理帖 第二品 (角川ビーンズ文庫)

一華後宮料理帖 第二品 (角川ビーンズ文庫)

 

 

2017/02/08読了。

風の国から後宮へやってきた主人公が、料理を通じて居場所を見つけて行くシリーズ2作目。

今回は、大切な陛下との儀式で誰が彼のペア(という感じの立ち位置)をゲットするか、4人の姫たちの争いを料理で解決して行くという何とも無理難題なお話。

そうなんですよね、主人公に恋心を抱きつつある陛下には、一応後宮に姫が4人いますからね。

 

今回も異国の姫ということで、色々疑惑の目を持たれて大変な目に遭いますが、相方の博士と一緒に乗り越えていきます。

この恋知らずの博士も、今回やっと恋心を自覚しましたしね。

まあ主人公に全然伝わっていませんが。

ただ、陛下も思いを寄せているということもあり、身を引かねばと思い始めてもいますし、何とも複雑。

今回の騒動を経て例の4人の姫が全面的に主人公の味方になってくれましたが、その際に「この姫たちが今後陛下と『皇后』を支えて行くことになる」という文面があり、それらを考え合わせると、やっぱり皇后になるのは主人公なのかなという気もしますし。

だって、今更後付けで出てくる皇后にこの4人の姫たちが従うとは思えない。

ということは、博士は振られるのかなあ。

うわあ、それは悲しい。

個人的には陛下よりも博士に頑張って欲しいのだが。

頑張れ! と応援せざるを得ない。

 

現段階では、誰をメインヒーローとして読めばいいのか、悩ましいところなんですよね。

陛下も出張ってきたしなあ。

そういうもどかしいところ、ままならないところ、苦しい三角関係も楽しみたい作品です。