いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

僕が恋したカフカな彼女

 

僕が恋したカフカな彼女 (富士見L文庫)

僕が恋したカフカな彼女 (富士見L文庫)

 

 

2017/01/31読了。

中学時代、女子に不自由しなかった楓が地味に過ごしていた高校で出会ったのは、何故かヘルメットを被った風香。

彼女に恋文を出して告白をしてみたものの、まさかの玉砕。

今まで女子に振られたことのなかった楓はリベンジを誓うが、彼女は彼に言った。

「なら、カフカにおなりなさい」と。

 

と、一見恋愛ものがではあるのですが、フランツ・カフカの作品を彷彿とさせる事件が色々起き(そしてその度に女子生徒に絡まれるモテモテ楓)その謎解きも絡んでくるミステリでもあります。

ミステリもミスリード系で、着地しそうだった真相ががらりと視点が変わってひっくり返るものが多くて楽しめました。

フランツ・カフカの作品を詳しく知らなくても、作中に解説があるので、自分のように海外ものを読んでいなくても大丈夫です。

 

ただ、個人的にはどうにも主人公の楓が好きになれず。

女子に甘いというか、だらしないところがどうにも生理的に受け付けられなくて難儀しました。

風香は逆に好きでしたけどね。

口癖の「きぃー!」と「図々しい」が可愛らしかったです。

 

そんな風香に秘められた謎。

これが明らかにされてからの後半は、楓の苦手部分が気にならなくなるほど、作品にのめりこめませた。

後半は謎解きよりも恋愛に重点がシフトされたからでしょうか。

ついつい楓を応援したくなるほど。

なんてこった、楓の人間性は最後まで好きになれなかったのに。

不思議な感覚だ。

 

ちなみに、この作品内には作者さまの別作品キャラも出てくるとか。

クイズになっているようです。

詳しくは、作者さまのTwitterにて。