いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

王女フェリの幸せな試練 祝福のベールアップ

 

王女フェリの幸せな試練 祝福のベールアップ (角川ビーンズ文庫)

王女フェリの幸せな試練 祝福のベールアップ (角川ビーンズ文庫)

 

 

2017/01/06読了。

瞳を見た者を魅了してしまう魔法をかけられた引き篭もり王女の恋と成長の物語完結編。

サブキャラの恋模様も乞うご期待。

 

新キャラの金髪王子が、これまた何とも濃いキャラで、ベル王子の恋敵でもあり政敵でもあり、フェリ王女のドレスコンテストでのライバルでもあるという……もう全部彼一人でいいんじゃないかなというくらいのてんこ盛り設定。

でも、彼がいい動きをしてくれたので、物語がよりスリリングになりました。

最終的には、いいキャラに落ち着きましたし。

おいしいところを持っていくなあ。

 

主役2人のもどかしい恋模様も見ものですが、そちらより気になったのは、従者ルディの恋の行方。

これが両方互いのことが好きなのに上手くいかない系という。

主役2人の動向より気になってしまいました。

こちらも最終的に、フェリと例の金髪王子のおかげで大団円を迎えています。

お幸せに、2人とも。

欲をいえば、今回あまり出番のなかったもう1人の従者の方も恋の結末見たかったけど。

 

主役2人と王女の護衛も交えた恋模様も、今回で決着。

王女の鈍さには途中頭を抱えましたが、やはり切羽詰まった時に本音が出ますね。

大観衆を前にしての大告白、心震えました。

 

王子のおかげで、王女はサブタイトル通りベールを外す決意もでき、精神面でもより成長が見られた最終巻。 

巻末には後日談も収録されて豪華です。

幸せいっぱいなラストでよかったです。

今回無事に両想いになれたカップルたち、末長く爆発してください!