いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

鎌倉不動産のあやかし物件

 

鎌倉不動産のあやかし物件 (メディアワークス文庫)

鎌倉不動産のあやかし物件 (メディアワークス文庫)

 

 

2016/11/09読了。

古い歴史がありながら、新しい人も受け入れてくれる、古い人も新しい人も住みやすい街、鎌倉。

そんな鎌倉を舞台に、幽霊にの出る家のトラブルを解決していく物語。

ほんのり恋愛もあるよ。

 

主人公が、過去に挫折を味わった女子大生。

ヒーローが過去に非常に苦い初恋と命の危険を体験したという、2人揃って暗い過去持ちというのはなかなか珍しい気がします。

大抵、どちらかが明るいものなので。

この二人が不意打ちのお見合いのあと、同居するようになってから、のろのろしながらも仲を深めていくところも見所。

彼の抱えている過去が過去だけに、後半は結構ヘビーな話になっていきますが。

 

幽霊が出てきますが、実際に怖いのは幽霊より人間というのもまた下手なホラーより怖いかもしれません。

殺人鬼多すぎだろうという。

この犯人探しもミスリード系もあり、軽いミステリとしても楽しめるかと。

 

一応今回で彼の重い重い過去には決着がつきますが、苦しい過去持ちの2人の話は始まったばかり。

主人公のある特殊な体質は便利ながらも今回では治りませんし、この先どうなっていくのか気になるところ。

できれば、もっと仲が進んだ2人も見られたらなと思います。