読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

三輪ケイトの秘密の暗号表

 

 

2016/08/24読了。

超人見知りだが暗号解読が凄腕な女子大生と、彼女を守るのが役目な幼馴染みの男子大生が、様々な暗号解読に挑む。

遺産に関わる暗号。

ストーカーが残した暗号。

記憶喪失の少女が描いた絵に隠された暗号。

そして、タイムカプセルから出てきた暗号の意味とは。

 

この作品に出てくる暗号は何か専門的な知識が必要なマニアックなタイプは少なく、読み手が頑張れば自力で解けるタイプのもの。

子供時代にこういうパズルのような暗号を解く本を読んだことがありますが、そんな子供時代を思い出させる、愛しい懐かしさすら感じる古き良き暗号といった感じでした。

絵の話はさておき、他のは本当にクイズ感覚で解けるものなので。

変に凝り過ぎていないところに好感が持てました。

最近のミステリは、変に回りくどいというか、無理やりな暗号が多いですからねえ。

是非、先を読む前に暗号解読にチャレンジして欲しいところです。

 

幼馴染みペアもニヤニヤで、最初も最後も同じ解き方で読める暗号になっていて微笑ましかったです。

冒頭のは最初は分からないのですが、途中で解き方と答えが出てくるので、それを分かった上でのラストの暗号。

本当に微笑ましいのです。

可愛いなあ。

 

暗号だけでシリーズを引っ張るのは厳しいかもしれませんが、続きがあれば読みたいなあと思わせてくれる楽しい作品でした。