読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

きみの分解パラドックス

小説(作家名あ行)

 

きみの分解パラドックス (富士見L文庫)

きみの分解パラドックス (富士見L文庫)

 

 

2016/08/22読了。

何でも分解したがる少女と、彼女の分解したものを元通りに組み立てる少年が、連続殺人事件で残された暗号に挑んで、いろいろ起こる(説明が面倒になった)ミステリ。

 

多かれ少なかれ、登場人物が異常者が多くてびっくりします。

メイン、サブ含めて、多分まともな人は数人もいない。

ヒロインは言うまでもないが、彼女の面倒を見ている主人公も、何だかんだで一般人には理解できない感性をお持ちだし。

 

ミステリとしては暗号解きがあったり、死体から指が持ち去られた理由の解明など、面白い部分が多々ありましたが、倫理観がやや破綻しているので、常識人が読むと納得できない終わりです。

(殺人犯をみんなで庇って、誰も刑罰を受けないエンドなので)

また、ある人物が常識人かと思っていたら異常者の可能性も示唆される部分もあり、ホラーに通じる怖さもあったりと、何だか不思議なテイストの話でした。

 

取り敢えず、この世界には、あまりこちらの常識が通じませんので、あしからず。