読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

ショコラと魔法使い

 

ショコラと魔法使い (角川ビーンズ文庫)

ショコラと魔法使い (角川ビーンズ文庫)

 

 

2016/08/19読了。

下町で亡き両親が商っていたショコラの店を再開させた少女が、実は出奔していた王子の娘で王女だった!

一晩で庶民から王女へ、そして護衛騎士付きで魔法のチョコを作る職人になるべく魔法学校の生徒になった彼女の運命やいかに。

 

というファンタジー小説

本当に彼女の処遇が序盤から二転三転するので驚きました。

立場変わりすぎ。

からの学園もの転換にも、びっくりしました。

粗筋にそこまではなかったし。

 

最初は落ちこぼれで魔法も使えず、庶民だからといじめに遭い(実際には王族だが)そこからの実は超弩級の魔力持ちでした!という逆手劇は、小気味いいものでした。

キャラクターも、そんな性格で大丈夫かという王様やらサブキャラクターやら賑やかで楽しかったですし。

 

割と早々に王女様への恋愛感情を自覚した護衛騎士が、最後の最後でヘタれたのは予想外。

凄まじいまでのブレーキっぷりと誤解に慄きました。

最後の牽制の言葉があそこまで響くとは思いもしませんでしたわ。

王女様は自覚したばかりだし、安易に両思いにならなかったのはいいですが、この先、この誤解がどう解けるのか、続編あるなら読んでみたいです。