読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

遺跡発掘師は笑わない 悪路王の右手

 

 

2016/07/19読了。

文庫で続編読めるのは相当先だろうなあと思っていたら、文庫書き下ろしできた件。

嬉しかったけれど、まさかこれ「次巻に続く」スタイルだっとは…

道理で、次の発売が早い訳だ。

 

今回は、震災から2年が経った岩手が舞台。

復興のための土地を作る前の発掘調査に駆り出されていた無量だけど、今回も変な遺物を掘り当てて騒動に発展しますが、これがまた展開が二転三転して、着地点が見えない。

義経が出たかと思えば阿弖流為だし。

時代もまたがるから、こんがらがる!

 

それに、鍵を握ってそうな新キャラは続々出るのに、謎は解明されないどころか増えるばかりだし。

相変わらず、無量も忍ちゃんも色々ピンチだし。

現段階では、安心できる要素が何もないまま終わってます。

大丈夫か、これ。

 

幸い、放置プレイは短めで済みそうなのでよかったですが…

悪路王の正体がとんでもないところに着地しそうなのは確実です。