いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。※ネタバレにはあまり配慮できてませんのでご注意を

迷路荘の惨劇

 

迷路荘の惨劇 (角川文庫)

迷路荘の惨劇 (角川文庫)

 

 2016/06/22読了。

横溝先生は好きですよね、鍾乳洞。

今回はからくり屋敷のギミックと絡んでより面白かったです。

 

内容の詳しい話は割愛しますが、これぞ金田一耕助という長編だったように思います。

彼のというか金田一耕助シリーズの魅力が一冊で、ほぼ堪能できる気がしますので。

最後にまた真相が少し変わるのもいいですし。

金田一耕助が、事件を未然に防ぐという意味では役に立っていないのも、最後に発覚した犯人を粋な計らいで見逃すのも、完璧超人ではない書かれ方しているのがいいのです。

より人間味があるというか。

探偵が何でも事件を完璧に解決しちゃうのも面白くないですし。

 

がっつり金田一耕助シリーズの長編を楽しみたい方にはオススメです。