読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

風見夜子の死体見聞

小説(作家名は行)

 

風見夜子の死体見聞 (富士見L文庫)

風見夜子の死体見聞 (富士見L文庫)

 

 

2016/06/24読了。

未来の死体が視えるという女子高生と、彼女に助けられた幼馴染みの男子高校生が、未来の死を食い止めるために奔走するストーリー。

テンポのいい会話に下ネタが割と混じるよ。

ヒロインはそれでいいのか。

 

SOS団の彼女を彷彿とさせる手段を選ばない系遠慮なしのヒロインと(死から救うために誘拐をするという無謀さ、開口一番「あなた死ぬわよ」が決め台詞のKYさ)自分が一番大事と言いながら自ら巻き込まれていく主人公。

ん、やっぱり雰囲気はあのラノベか?

 

死の原因の推理が二転三転して先が読めないのも面白く、ライトミステリとしても読める。

会話のテンポもよく(ツッコミもいい)キャラものとしても読める。

主役2人のもどかしい(?)関係目当てでも読めるかなあ。

ラスボスとのバトルも見ものです。

ツッコミどころがない訳ではないが…(警察はあれでいいのか)

というか、そもそもこの街、人死に過ぎでは…結構あっさり死にますからなあ。

 

死という重いテーマを扱いつつも、読みやすいライトノベルだったように思います。

ただ自分なら、主役たちにはまず近づきたくないと思う人種ではある。

面白いから、まあいいけれど…