いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

平安うた恋語 暁闇とさまよう織姫

平安うた恋語 暁闇とさまよう織姫 (角川ビーンズ文庫)

平安うた恋語 暁闇とさまよう織姫 (角川ビーンズ文庫)

2016/05/26読了。
ついに双子であることがばれそうになって宮中を後に、しかも親が勝手に決めた結婚話まで持ち上がり、苦労の耐えない主人公。
せっかくヒーローと両想いになった途端にこれかという。
寧ろ前回でシリーズ終了だと思っていたので、続きが出たこと自体にびっくりしてますが。

結婚相手になった幼馴染みは予想通りの当て馬ポジションだったのですが、どうやってヒーローと結ばれるのかと思ったら…まさかの展開でした。
現代風に言うと戸籍操作というか…帝が味方についていると、力業が効きますな。

これで、ようやく結婚と思いきや、ラストで非常に不穏な予感が…次でラストのようですし、もう一波乱あるようです。
個人的には、心安らかに読める展開だとありがたいですけど…