読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

からくさ図書館来客簿 第五集 ~冥官・小野篁と剣鳴る秋~

小説(作家名な行)

2016/05/10読了。
もう「からくさ図書館来客簿」シリーズも5作目なんですね。
季節は秋。
京都がまた一段と美しい時期だ。

連作短編集ではありますが、今回はまもなく冥官としての役目を終えるキャラクターの故郷が主軸にあります。
美しいお祭りが行われる場所で、その光景、その厳かな雰囲気がよく伝わってきました。
また、現代だからこそ抱えているマナーの問題も痛感致しました。
スマホで簡単に写真が撮れるようになった今だからこそ、無神経で自己中心的な撮影は慎みたいですね。
反省反省。

主役2人のもどかしい関係性も少しずつ進んでるなというのも垣間見えた今回。
でもラストの展開には非常に驚かされました。
あまり良い予感がしないのですが。
今のよい相棒以上、恋人未満な雰囲気が大好きなので、いつかのように離れ離れになる展開だけは勘弁してくれよと思いつつ。
道なしや、彼らに行きあった人たちだけでなく、冥官たちにも幸あれと祈りつつ。
冬の物語が今から待ち遠しいです。