読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

おんみょう紅茶屋らぷさん ~陰陽師のいるお店で、あなただけの一杯を~

小説(作家名は行)

2016/05/06読了。
家事に関しては紅茶を淹れることくらいしかまともにできない、でも凄腕の陰陽師が営む紅茶屋(カフェではなく、茶葉を売る店)の物語。
ここに来る客は、陰陽師が解決しないといけないような問題を抱えた人たちばかり。
そんな人たちが、紅茶で癒されていく話ではある。

紅茶の蘊蓄は面白いが、陰陽道と絡ませるため、やたら五行思想の説明が出てくるのが正直ちょっと鬱陶しかった。
〇〇は金、〇〇は土、というように。
逐一説明的すぎる。
やたらめったら多用する上に、初めて陰陽道に触れたはずの人たちも、その解釈を使いこなす部分もあり、おいおいちょっと待てよと思う部分が。
紅茶は美味しいのに、陰陽師部分がくどくてバランス悪いなあというのが、この作品の印象でした。
もう少し、五行に関しては、あっさりしててよかったのでは……