読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

眠れる森の夢喰い人 九条桜舟の催眠カルテ

小説(作家名や行)

眠れる森の夢喰い人 九条桜舟の催眠カルテ (集英社オレンジ文庫)

眠れる森の夢喰い人 九条桜舟の催眠カルテ (集英社オレンジ文庫)

2016/04/27読了。
夢を喰うというので、悪夢を食べてくれるのかと思いきや。
厳密に言うと、催眠状態の患者さんの深層心理に巣食うトラウマだったり、悩みだったりを消してくれるので「夢を食べる」ではない。
寝て見る夢ではないもので。

その役目を担うのが、個性豊かな獏たち。
少年だったり、オネエだったり、料理好きの男性だったり、寝具マニアだったり。
寧ろ、表題にある彼の方が没個性というか、目立たないレベル。

その彼が抱えている白雪姫を彷彿とさせる映像とか、元患者という獏たちの過去話など、まだ明かされていないこと、気になる設定もあるのですが、続編はあるのかどうか。
ただ、続編を読みたいとまでは思えなかったかなと。
患者さんの設定は重くてよかったですが、だから如何せん表題の彼が……もう少し何かインパクトが欲しかった。
こちらを惹きつけてくれる何かが。
読了しても、何か結局軽いやつだなという印象ばかり残っているので(苦手なタイプだったようだ)