読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

猫又お双と教授の遺言

小説(作家名さ行)

猫又お双と教授の遺言 (角川文庫)

猫又お双と教授の遺言 (角川文庫)

2016/03/28読了。
大学院生の主人公が、猫又の少女を相棒に事件の謎を解くミステリ2作目。
今回は、消えた遺言状と暗号の謎。

猫又の能力をどう活かすかが楽しみな話ですが、今回はテレパシー能力が開花したため、脳内での会話が可能に。
ただ、その設定を活かした謎解きはされなかったので、ちょっと勿体無かった気も。
普通に会話しただけだったしなあ。

暗号は、1つ目の方はびっくりしましたが、2つ目の方は無理矢理というか蛇足だったように思えて、自分としては少し不満。

でも、主役2人のほっこり微笑ましい雰囲気は相変わらず健在で、ずいぶん癒されました。
猫又の彼女の設定の掘り下げもあったし、次も楽しみです。

しかし、次でラストらしいですわ。
寂しい限り。

猫又お双と一本足の館 (角川文庫)

猫又お双と一本足の館 (角川文庫)