いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。※ネタバレにはあまり配慮できてませんのでご注意を

オリヴィアと薔薇狩りの剣

オリヴィアと薔薇狩りの剣 (角川ビーンズ文庫)

オリヴィアと薔薇狩りの剣 (角川ビーンズ文庫)

2016/3/17読了。
突然異世界へ飛ばされた女子高生が、元の世界に戻り、火事に遭った父を救うという願いを叶えるため、人食い薔薇を狩る(刈る?)騎士になるという異世界トリップもの。
トリップした少女にしてみれば、難易度がかなり高めだろう。
まあチート的な能力があるかもという可能性は示唆されはしますが、何とも先の長い話です。

若干設定を詰め込み過ぎている感じがあって、果たして主人公の少女がイギリスに行く必要があったのか(国内で十分だった気が)余計な設定が増えるデメリットを解消すべく、異世界トリップにせずに、最初から異世界が舞台の話でもよかった気もしたりと、個人的には引っかかりを覚えた話。
もう少しシンプルな方が楽しめた気はする。
一応異世界トリップのメリットというか理由になる設定が出てくる部分もありますが、今回は伏線で留まって消化されてないから余計か。

また、白薔薇のヒーローがぶれてたのもなあ…作者様も苦労されたようですが…個人的には、赤薔薇のヒーローの方がキャラが一貫していて、好感が持てました。
頑張れよ、メインヒーロー……