いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

藤島さんの深夜ごはん

2015/12/14読了。
もっとコンビニ飯をアレンジした料理が出てくるのかと思いきや、予想とは全くの逆方向。
コンビニ飯そのままだった件。
切って乗せるだけでは、アレンジにならんだろうに。
これで作者さまに「全部試して食べました!」と言われても、笑い話にもならない。
ノンアルビールくらいかなあ、まだマシなのは。
これもネット上でいくらでも拾えるレシピなので、作者さまのオリジナルでもないという。

ストーリーの方も正直お粗末で、後味も大変よろしくないという料理ものにあるまじき話。
女性たちが、何かわちゃわちゃして、友情が芽生えたり一方的に破綻したり再生しようとしたりはするが、結局何をしたいか分からないという。
惰性で読みはしたが、個人的には褒めるところがなく残念だった作品。