いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。※ネタバレにはあまり配慮できてませんのでご注意を

香彩七色 ~香りの秘密に耳を澄まして~

2015/12/29読了。
前から気になっていた作品なので、お取り寄せしてみた。
香りに非常に敏感な(特に食べ物)の女子大生と香道の御曹司(家出中)が織り成す香りに纏わる日常ミステリ。
香道絡みとあって、もっとお上品な作品を想像していたけど、案外俗物的な雰囲気の話でした。
ヒロインが、割とぶっ飛んでるし、学生たちの話だし…学園ものとしても読める気はする。

ただ、ミステリとしては重いというかシリアス部類。
初っ端から、死んだ幼馴染みの残した香りに纏わる話なので。
キャラはコミカルだけど、謎解きはどシリアスという不思議なバランスの話でした。

それにしても、ヒーローの家出理由は何だったんだろう…詳しくは触れられていなかった気がする。