いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

道果ての向こうの光 黄昏の花と暁の騎士

道果ての向こうの光?黄昏の花と暁の騎士? (レガロシリーズ)

道果ての向こうの光~黄昏の花と暁の騎士~ (レガロシリーズ)

 

2014/10/25再読。

いよいよウェブ版とは決定的に袂を分かつ3巻。
後半の展開が、ウェブ版とはかなり異なります。
 
いよいよ聖女(の中にいる町娘)への気持ちを自覚した婚約者の騎士。
でも、残虐非道な聖女へ反発する勢力が、ついに武力行使に。
国王の思惑も混じり合って、複雑な展開が繰り広げられます。
ただ、ウェブ版よりは分かりやすいというか、よりいい展開にはなっています。
多少無理がありましたゆえ、ウェブ版は。
 
結局、タイムリミットが来て、聖女の体から町娘の魂は去ってしまいます。
この去り際の場面は本当に屈指の名場面。
ウェブ版では、直接騎士とのお別れができませんでしたので、彼の腕の中でお別れできたのは良かったのではないかと。
 
ただ、ここからがウェブ版とはがらりと変わった展開に。
まあ、反聖女の人たちとの交戦も全然展開違うのですが、それはさておき。
戻った聖女から聞かされた「町娘は生きているので助けたい」という台詞。
だが、それより先に拘束されてしまう聖女。
果たしてどうなってしまうのか。
 
というところで、何年も沈黙していた書籍版最終巻が、この10月にようやく発売されました。
信じて待っていて本当に良かった!
ウェブ版とは違う完全決着。
必見です。
 

 

道果ての向こうの光~奇跡を紡ぐ物語~ (レガロ)

道果ての向こうの光~奇跡を紡ぐ物語~ (レガロ)