読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

道果ての向こうの光 二人の聖女と遠い約束

小説(作家名あ行)

道果ての向こうの光 二人の聖女と遠い約束 (レガロシリーズ)

道果ての向こうの光 二人の聖女と遠い約束 (レガロシリーズ)

2015/10/25再読。
2巻は、ウェブ版ではきっちり明かされなかった聖女と主人公との繋がりを丁寧に描いています。
また、聖女が何故壊れて、自殺まで図ることになったのか、その理由についても。
ウェブ版よりしっかり掘り下げてくれているので、より物語が完成されている感じがします。

また、主人公の頑張りぶりに、周囲の反応が変わってきているのが見えてくるのが嬉しいところ。
護衛の騎士もそうですが、婚約者の騎士の反応が1巻と明らかに違うところがまた…殺伐とした雰囲気の中で嬉しい萌えポイント。
主人公の終わりは確実に迫っているし、婚約者の騎士が惹かれているのは、聖女の中にいる町娘の方であって、聖女自身ではない。
このもどかしさが、また激しく切ない。
この2人が幸せになる未来が、この時点では見えてこないのももどかしい。
でも、このもどかしさが、この作品の魅力なのでしょう。
ああ、読んでいて感じる胸の痛みすら愛おしい作品です。
本当に、胸が痛くなるんだ。