読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている冬の記憶と時の地図

2015/10/22読了。
発売日付近に買った筈が、これまた随分と長い間積読本にしていた模様。

今回は函館を舞台に、初の長編。
過去と現代が行ったり来たり、その分、設定も複雑で奥深いものになっていて、ぐいぐい内容に引き込まれました。
いつまで経っても見えてこない真実。
でも、それが最後でぐるりと反転する。
まさに「チェス盤をひっくり返すぜ!」(出典・うみねこのなく頃に)な展開に、度肝を抜かれました。
最近、金田一耕助シリーズでそんな話を読んだけど、ここでもかという。

また、櫻子さんからようやく明かされた真実にもびっくり…まではしなかったかな。
ある程度予想できていましたし。
これまで伏線を張るだけ張って回収できていなかったことがようやく…という感慨深さの方が大きかった気がします。
彼には試練の時かもしれませんが…ますます奥深くなってきているシリーズです。