いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。※ネタバレにはあまり配慮できてませんのでご注意を

階段坂の魔法使い 恋からはじまる月曜日

2015/09/30読了。
しかし、この魔法使い、別の姿多すぎだろう。
キャラ紹介で友人となっている人物が表紙に登場しているので何事かと思いきや、お前も、ついでに銀狼もお前かよという。
しかも、きっちり姿使い分けて、それぞれに美味しいポジション手に入れているし。
初対面で早々にヒロイン突っぱねていたというのに。
何だこの魔法使い、子供なんだか、やり手なんだか。
いやまあ、結局いろいろ言動を見る限りでは、子供なんでしょうが。

前作とは雰囲気がガラリと変わってびっくりしましたが、コメディあり、推理もありで、結構楽しめました。
ただ、確か初対面時に2人は結ばれない的魔法をかけた気がするのですが…
このことが、後で響いてきそうで、ちょっと楽しみであり、怖くもあり。
何にせよ、続きの気になる作品です。