読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

夜歩く

夜歩く (角川文庫)

夜歩く (角川文庫)

2015/9/25読了。
金田一耕助ではない第三者視点からの記述ですが、まさかそれ全体が伏線になっていようとは。
第5章のどんでん返しというか、真犯人が分かった時の衝撃と興奮と言ったら。
表裏がくるっとひっくり返る爽快さ、斬新さ。
ある意味、ミステリでは禁じ手だが、今読んでも衝撃的なので、当時リアルタイムで読んだ世代は、度肝を抜かれたのではないだろうか。

夢遊病者の幻想的な状景、相反する首なし死体の凄惨さ。
映像化したら、美しくも禍々しいものになりそうで、それはそれで見てみたい気がします。
映像化されてたかな、これ。

余談。
「佝僂」が読めないし、意味分からないしで、最初はこれを調べるところから入りました。
最近、ちょっと増えてきている病気のようですね。
調べていたら、同様にこの「夜歩く」を読んでいて分からないという人を見つけて、仲間意識が芽生えました。
現代っ子なんだな、自分は。
なんだかんだで。
(親は知っていたので…)