いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。※ネタバレにはあまり配慮できてませんのでご注意を

鎌倉香房メモリーズ 2

鎌倉香房メモリーズ 2 (集英社オレンジ文庫)

鎌倉香房メモリーズ 2 (集英社オレンジ文庫)

2015/9/14読了。
香りで人の感情が読めてしまう少女と、彼女に救われた過去を持つ青年のほっこり鎌倉物語、切なさ増量版。
今回は、現在お亡くなりになっている方との話が多くて、それだけでもう涙腺崩壊でした。
また、そのお亡くなりになっている方の人となりがいいものだから余計に。
七夕話もいいし、週一意地っ張りな父親の様子を見に来ていた娘の話も泣けて泣けて。

また、ヒーローの過去や家族関係も見えてきて、話が深まった印象。
叔父さんのキャラ濃かったですけど。
確かに、ヒーローも逃げ出すレベル。

不器用な主人公とヒーローの関係性も、少し変化してきたみたいだし、こちらも先が気になるシリーズ。
オレンジ文庫の中では、続きが一番気になる話かもしれません。