いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

桜乙女と黒侯爵 乙女の想いと二人の兄

2015/8/21読了。
3作目で衝撃の事実がどんどん出てきて
びっくりしました。
初回から、主人公が忘却している過去話が開示されてはいましたが、一部こんがらがっている設定もあったので、どうなっているんだと思いきや…2作目で登場したキャラが、まさかの設定で、もう度肝を抜かれました。
てっきり敵かと思っていたら…いや、まあヒーローにしてみたら、ある意味敵ではあるでしょうけど。

それにしても、ヒロインがようやっと気持ちに気付いてきたところもあって、ニヤニヤできる展開に。
でも、前回に引き続き、相変わらず不穏な伏線を張って終わるのは、心臓に悪い。
続きが毎回気になる引きで、作者さまの手のひらで転がされてるなとは思うが、それでもやっぱり続きが楽しみなのである。
1作目は読みにくかった部分もあったけど、慣れてきたのもあるので。
大正時代くらいのは、身分とか色々分かりにくくて(単に少し苦手な時代のもよう)