いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

真贋事件簿-京都寺町三条のホームズ(2)

真贋事件簿-京都寺町三条のホームズ(2) (双葉文庫)

真贋事件簿-京都寺町三条のホームズ(2) (双葉文庫)

2015/8/20読了。
続編嬉しいです。
ありがとうございます!

ホームズと言えば、やっぱりモリアーティ教授のようなライバルが必要…という訳かどうかは分かりませんが、巧妙な贋作を作る鑑定士泣かせなライバルが登場。
しかも坊さんで、忍びの術も使う。
何そのチート技。
今後も意地の悪い罠をホームズさんに仕掛けてきそうで、この2人のバトル展開も楽しそう。

また、主人公とホームズさんとの仲の進展も気になるところ。
1作目は、主人公が振られた相手をずっと引きずっていたけれど、吹っ切った今は、ホームズさんに傾きつつある模様。
いや、それよりもホームズさんの自覚が早そう。
思わせぶりなセリフや展開もあって、ライバル対決の最中、ニヤニヤしたり、ヤキモキする部分も。
今後のこちらの展開も楽しみです。

鑑定士のトリビアというか、裏側というか、そういう部分も十分楽しめる、しっかりした作品です。
 早く続きが読みたいものです。
いい仕事してますねえ。