読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

下京区花屋梅小路上ル 京極荘と百匹のうた猫

2015/7/7読了。
百人一首の絵から歌に込められた想いが猫となって飛び出してしまい、それを回収して回るという話のアイディアは面白い。
ただこの1冊で3匹+1匹という回収ペースは果たして全て回収する気はあるのかどうか。
多少端折ってももう少し数が欲しかった気はする。

1冊目としては仕方ないかもしれないが、主人公に絡む話と、ヒーローに絡む話が両方とも既に開示されてしまった点も惜しい。
シリーズとして続ける気はないということか。
ここでは伏線として匂わせるだけで、後に引っ張るのかと思いきや、主人公とヒーローの実は昔から縁がありましたという話を既にしちゃったのは勿体無い。
他の話の伏線の張り方がうまかっただけに、本当に勿体無い。
まあ、このペースで100匹集めるには何冊書かなくちゃいけないのかと思うと、仕方のない措置なのかもしれないが、つくづく惜しい。

京都が舞台の作品は多々あるが、ちゃんと地元民や京都にやって来たばかりの主人公以外がちゃんと京都弁を喋っていたのは嬉しい仕様。
最近はなんちゃって京都ものが多くて、京都弁で喋らない京都人が出てくるのが多いので。
京都が舞台である必要性ないよね、それ…という作品ばかりに触れていたので。
京都が舞台なら、この作品のようにはんなりな言葉で喋って欲しいものだ。