いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

素晴らしい日本文化の起源 岡村道雄が案内する縄文の世界

素晴らしい日本文化の起源 岡村道雄が案内する縄文の世界 (別冊宝島 2337)

素晴らしい日本文化の起源 岡村道雄が案内する縄文の世界 (別冊宝島 2337)

 

2015/6/20読了。
やたら東北の遺跡の紹介が多いなと思ったら、実際に東北(というか東日本)の方が、縄文時代は栄えていたんですね。
この時代には漆製品を扱い、天然アスファルトも使いこなしていたなど、従来の常識を覆すような興味深い話が多くて勉強になりました。

一番驚いたのは、竪穴住居が茅葺ではなく土屋根だったという点。
登呂遺跡などの再現が有名ですが(まあ登呂遺跡は弥生時代の遺跡ではありますが、それはさておき)再現された当時はまだ竪穴住居のことが詳しく分かっていなかったらしく、後から実は茅葺などの上から土が被せられた土屋根だったことが分かったそうです。
こうやって、また色々後から分かってくることがあって、常識だと思っていたことが覆されていることもあるんでしょうね。
歴史って「定説」が必ずしも正しくないこともある、そこがまた面白い。