読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

JC科学捜査官 雛菊こまりと“くねくね”殺人事件

2015/6/17読了。
前作はがっつり長編だったが、今回は「くねくね」「赤いはんてん(ちゃんちゃんこ)」「メリーさんの電話」など、学校の七不思議や都市伝説を絡めた各自独立した短編集。
短編集の方が、テンポ良くて、自分としては読みやすい印象。

科学の蘊蓄も面白いし、まるでオカルトな事件を科学捜査で解き明かしていくのは小気味いい。
前作よりも読みやすいと感じたのは、無駄に長くないからか。
短いながら、推理が二転三転して、最終的に予想していないところに着地するのも面白かった。
短編で是非シリーズ化して欲しいものだ。

個人的には、やはり表題作の「くねくね」の話が好きかなあ。
「一人かくれんぼ」といい「くねくね」といい、ヤバいネタを扱うチャレンジャーですね、作者さま。