読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いこの読了本備忘録。

読んだ本の覚え書き、みたいな。キャラクター小説多め。

座敷童子の代理人

2015/6/10読了。
遠野ではお馴染みであろう座敷童子やら河童やらお狐様やら、遠野物語を知っているとより楽しめただろうなという印象。
何それの代行というのは、メディアワークス文庫では他にもシリーズがあるが、妖怪と人間の橋渡しをする小説家というのは、また違った味が出て楽しめました。

何より驚いたのは、主人公に実は謎があった点。
最後の最後に明かされて度肝を抜かれました。
伏線はずっと前からあったのに、気付かなかった!
タイトルの意味が、読了後に変わるというのは素晴らしい仕様でした。
座敷童子の代理人は、果たして誰なのか。
くう、これ以上は言えません。
詳しくは、本編にて。